メール配信で有名なのはリターンメール

よくメールを送信するときに、宛先のメールアドレスが間違っていたり、すでに相手がアドレスを変えていたりした時は、このアドレスは届けることはできませんでした、というメールが送られてくる。これはリターンメールといって、メール配信システムの一つだ。このメール配信サービスは私たちが身近に利用しているシステムだ。メールが確実に送られたかどうか、確認できるのは助かる。しかし、なかには迷惑メール設定に関係して、送られないこともある。その時もアドレスの間違いと同じようにリターンメールが返ってくる。よく見ると、リターンメールに書いている英文は少しずつ違う。宛先不明でもアドレスのアットマークの左側のアドレスが違っているのか、右側のアドレスが違っているのか、または存在しないかを知ることもできる。


none